バイナリーオプションにかかる税金

バイナリーオプションにかかる税金

バイナリーオプションにかかる税金

バイナリーオプションにかかる税金



バイナリーオプションの税金は、株式取引による売却益や配当益に税金がかかるように、利益についても税金を納めなければいけません。

バイナリーオプションの場合は、FXと同じ扱いで、税金の扱いは雑所得に扱われます。

年間で20万を超える雑所得があった場合には、申告義務があるとのことで、バイナリーオプションで年間20万を超える利益を出した場合には、面倒ですが確定申告をする必要があります。

バイナリーオプションの税金は、平成24年1月1日から申告分離課税になっています。

申告分離課税の確定申告の税率は20%(所得税15%、地方税5%)です。まずは年間に得た所得を計算し、そこから経費などを引きます。本業などで他の所得を

得ている場合はそれらを合わせた額で計算します。


バイナリーオプションのみでの収入にはパソコンの購入費やインターネット接続料、振込や売買にかかった手数料、セミナーなどの参加費、が認められることもあります。

ですので、領収書など必ず大切に保管していてくださいね。

確定申告をしないと、税務署から追徴課税を科せられる可能性があるので確定申告をしたほうが無難です。

利益が少ないと思って、解らないだろうと考えていると追徴課税になった場合余計にたくさんの税金を払うことになります。


バイナリーオプションで利益を出して喜んでいても、税金で幾らかは持っていかれるのかと思うと・・なんだか悲しいですね。

大変な思いをして利益を上げたのに税金を払うというのは、本当に惜しいですが仕方ありません。